おせち料理に添えてお正月に食べたい料理

お正月にも郷土料理の納豆もち

投稿日:

私の母親は山形県出身。現在両親は和歌山県在住なのですが、我が家のお正月には必ずお雑煮と同じ感覚で「納豆もち」を食べていました。レシピは簡単そのもの。小鉢に納豆と卵の黄身と適量の醤油を入れて、粘りが出るまでよく混ぜておきます。

そこにお湯に数分入れてやわらかくしたお餅を加え、あえるだけで出来上がり。ポイントは卵の黄身だけを使うこと。味が濃厚になって、より美味しくなります。残った白身はお味噌汁に入れたり、冷凍してお菓子作りに使用していました。

 

この納豆もちは子供の頃から食べていた


ので全国的に食べるものだと思い込んでいました。東京都出身の主人と結婚して初めて私の両親と迎えたお正月。出された納豆もちに、

 

これは何ですか?と驚く主人にこちらがびっくり。


初めて山形県をはじめとする一部の地域の郷土料理だと知りました。私にとっては懐かしい味なので、結婚後もお正月には必ず「納豆もち」を作って食べるのが我が家の慣習になっており、主人や子ども達も喜んで食べてくれています。

-おせち料理に添えてお正月に食べたい料理

Copyright© 洋風のおせち料理の2019年の予約は人気ランキングでお取り寄せ , 2018 All Rights Reserved.